読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hollywood Orchestra

Youtube動画「Orchestra Remix」の紹介ブログ

東日本大震災から5年

ネタ画像&ニュースという名前のブログで、このお題は
あまり好ましくないのかもしれませんが、今日は
震災についてです。

因みに私は、東京住まいです。

私は高校2年生のとき、大学受験のための模試を受けている
最中に地震に遭いました。地震体験車で体験するような揺れ
とはまた違った揺れで、細かく振れ幅の大きい地震でした。

東京では、最大震度5強を観測し、私の高校のあった地域
では震度5弱を観測しました。当然、人生最大の地震でした。

私は高校生ながら徒歩通学だったので、交通機関に左右
されることなく、いつも通りの道を歩いて帰りました。

あの揺れからずっと気になっていたのは、家の中の状況
ですね。明らかに食器棚は粉砕しているのかと思っていました。

家に帰ってから各々の部屋の様子を見てみると、

母親の部屋→本棚と壁に挟んだ段ボールが少し崩れていた

父親の部屋→PCデスクの物品一部が床に転がっていた

兄・私の部屋→私の机の本棚の本が盛大に散乱していた

台所→お茶の袋とコーヒー瓶と箱ティッシュが床に落ちていた

意外にも、何もなかったと言えるほど状況は落ち着いていましたね。


しかし、テレビをつけると、宮城県名取市の河川へ津波
押し寄せ、街が流されていく様子が丁度中継されていました。

テレビの前から2時間以上は離れることができませんでしたね。
家族全員、連絡を取ることができ、夜頃には無事全員帰宅でした。

高校は、2週間部活動中止となり、空白の時間がありました。
計画停電もあり、電力需要を大きく考えさせられました。

私は、その1年半後の夏、宮城県南三陸町を訪れました。
がれきが大分まとめられていましたが、復興はまだまだこれから
という状況でした。それから三年半経った今、南三陸町
どうなっているでしょうか。

今日で震災から5年になりますが、常に地震に備える
行動が必要ですね。防災グッズなど、用意しておけば
助かったと思えるような行動が、今後の自分の身を守る
事につながることを、忘れないようにしましょう。